恋するダハブでの生活

エジプトのダハブに来てもう2週間が経ちます。
あまりの居心地の良さに、大幅に滞在記間を延ばしているからです。
ダハブはエジプトのシナイ半島の端にあるとても小さな町で、徒歩で十分移動できる程度の広さしかありません。

しかし、見渡す限りの青い海。
透明度は世界屈指を誇り、世界中から旅行者がダイビングやシュノーケリングをしに集まってきます。
ダハブには日本人宿が2つあり、私が泊まっているのが、ディープブルーという宿です。

Wi-Fiは早いし、宿泊代も330円程度と格安です。
キッチンもあるので宿泊者達とシェア飯を作れば1日辺りの生活費を600円くらいに抑えるのも簡単です。
ちなみにこちらの宿ではシュノーケリングセットがたったの75円で借りられます。

共有スペースも広いので、集まった旅人たちと夜な夜な語り合ったり、トランプをやったり、有名なダハブゲームで盛り上がれば2週間なんてあっという間に過ぎてしまいます。
世界一周を目指すバックパッカー系の旅人にとっては東回りだろうが西回りだろうがかならず通過するポイントでもあるので、こんな遠いアフリカの国でも絶えず日本人で溢れていて、旅で疲れた心を癒してくれる最適な場所となっています。