雨が続くと

昨日に引き続いて、今日も雨の天気。
昨晩は台風の様な風と大雨の音で何度か目を覚ましていたこともあって、今朝カーテンを開けて見た外の景色は、思ったよりもふってないな。
という感じだった。
外仕事の今日は、大雨なら作業中止で臨時の休みの可能性もあったので少しがっかりした気持ちで、布団から這うようにして抜け出した。
8時の始業の時間になってもどんよりとした曇り空は抜けきらず小粒の雨が降ったりやんだり、職場の先輩と『これぐらいなら仕事出来るな~起き掛けの天気にはがっかりしたよな~』なんて話をしながら、いつものように作業を始めた。
しかし、機材のセッティングを終わらせてよし!!やるかっ!!っと機材の電源をONにしたとたん、突然強くなる雨。
先輩と2人曇り空を見上げる。
「お前これどう思う?すぐ止むかな?」先輩に聞かれ、答えようと辺りの雲をきょろきょろと見回すも、なんとも言えないような空模様。
「う~ん、どうっすかね~」「だよな~」なんて会話をしている間に雨脚が弱まり、作業を再開した。
作業を再開して一時間ぐらいたった頃、突然あたりが暗くなり先ほどよりも強い雨が降り始めた。
大急ぎで機材の片づけを済ませて二人で車に駆け込んだ。
「今日は仕事できないな。
」「降るなら朝からふって欲しかったっすね。
」そんな一日だった。