気圧の変化について考えた

私は今まで気圧の変化を気にしたことはありませんでした。
ある日、ツイッターで気圧の変化によって頭痛などの体調不良があるとの呟きを見て、
気圧の変化について興味を持ちました。

その人の話によると、実際に気圧の変化の影響を受ける人は沢山いるらしく
いつ気圧が下がるとか、いつ上がるとかいうような情報がわかるアプリもあると言うことで
早速インストールしてみました。

一人の人から広がって、私のツイッター友達の間でも気圧の変化でその日の体調を見るということが流行りだしました。

そのアプリを見ているだけで、いつの何時頃、どれくらいの気圧が下がるのか、頭痛注意報として分かるので見ているだけでも面白いのですが、実際私はそう言った気圧の変化に影響を受けているのか分かりません。

その一方で、しっかりと影響を受けている人たちも多くいて、気圧がぐ~んと下がっている日は
体調が悪い・頭が痛い、など呟いているのです。

私を含む極少数の影響を受けない人たちは、影響を受けている人たちの呟きに影響を受けて、
「なんだか頭が痛いような気がする?」「なんとなく体調悪い気がする?」と言うように、本来とは別のところで悪い影響を受けるような雰囲気になってしまいました。

このアプリは私には必要が無いどころか、持っていない方がいいような気がしました。